スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・女神転生II 第十五話&第十六話 感想

日付は変わってしまいましたが、真、誕生日おめでとう!!
誕生祭作品を見まくってすっかりまこまこりん状態ですw


こちらの作品でもそろそろ真の出番があるんじゃないかと期待しています。
衣装はクイーンオブレースかなあ、私服かなあ・・・。


・リカジャP





ネタバレを含む感想は格納します。


~第十五話視聴時感想~


とろり練乳あずさの回ですw
よりによってあずささんとろり練乳ってところがもう・・・まあ、なんでも、いいですけれど。


いきなりバキさんソロでテンション上がりまくり!
ミレニアムに居場所は無い・・・か。
メシアやアンチ・メシア、それに律子が無事だった頃にはそんなこと微塵も感じなかったんじゃないでしょうか。
追っ手はオファニム! あずささんの命を奪ったあの大天使です。
大したダメージも食らわず勝利するバキさん、つええええ!
そう思ったのもつかの間、現れたのはメタトロン。
真IIの時代より前は元老院のトップにいたという設定があったような気がしますが(うろ覚え)、その辺の設定の活用でしょうか。

「……来いよ、唯一神の人形が。」
バキさんの台詞に痺れた! これは格好良すぎる!!
相手の強さが分かっていて自分の死を予想しているだろうに、怖じ気づくどころか余裕すら感じられる超絶強気口調。
さすがに被ダメージが大きすぎ、バキさんは割れてしまいましたが(涙)、これで終わりだなんて思いたくないです。
割れてしまったバキさんを復活させてくれるイベントがあると信じたいです!
マサカドの体が繋げられるくらいなら、きっとバキさんの欠片を集めれば復活できるに違いない!


天然ジゴロっぷりを全員に責め立てられるP。
防御力と回避力が下がったら苦労はない・・・ってパスカルw
どこまでが本気なのか分かりませんが、パスカルのPに傾ける愛情は本当に真摯ですね。
アイドルを差し置いてでも応援したくなりますw


マサカドの全身を背負って移動する姿は想像するとちょっと怖いw
というかPより遥かに体型がよさそう&一部鎧も着込んでいるなら尚更重いだろうに、「運べるのか?」という気が。
でもきっと、笑顔の千早やパスカルを尻目に、Pが大汗かきながら運んでいるのでしょう(笑)

魂が戻ったマサカドは、ザ・ヒーローだった頃(?)のPを覚えているようです。
「面妖な!」気配は九頭龍ですね。
「裁くもの」は恐らくメギドアークのこととして、他にも気付かない場面で着々と仕込みやフラグが入っているんだろうなあ・・・。
Pとカグツチの関連も色々想像が膨らみます。


場面は終盤、岩戸の中。
タケミカヅチの脳筋っぷりに笑いながら、次々に封印が解かれていくワケですが、「封印を受けている人間がいる」とな?
メシアか、いや場所的にアンチ・メシアの方かと考えて・・・うわああやっぱり春香さん!!
しかもパンゴシじゃない!??
「限界が近い」という表現に嫌な予感が駆け巡ります。
数十年振りの、Pとの念願の再会。
失いかけた意識の中でも、姿形が変わっていても、春香さんにはPが認識できたのです。
この再会を素直に喜びたい。
どうか春香さんの命に別状がありませんように・・・。



~第十六話視聴時感想~


ここ数年で漫画雑誌買わなくなったなあ・・・などと思いつつ。


春香さんをおんぶ・・・だと・・・!?
う、うらやましくなんかないんだからね!


そうだよなあ、パスカル以外は事情を知らないよなあ。
省略されたのでどこまで話したのか分かりませんが、この場にいるアイドル達がどんな死を遂げたのか、春香さんがどうしてアンチ・メシアになったのかが一番のポイントでしょうから、りっちゃんのことには触れていないのかなあ。
パスカルがうまいことりっちゃんを避けて話しているのかなあ。
一方でPに「悪魔に喰われ、無惨極まる死を遂げた」ってハッキリ言ってしまうのは、記憶を取り戻して欲しいからなのでしょうね。

春香さんがバック・ベアードを取り込めたのは、意志の強さか、はたまた前世体だからか。
みんなに普通普通言われすぎて笑いましたw


伊織の「死んでた方が幸せ」といった台詞に反論するP。
普通は転生なんて無いし記憶なんて残らない、たった一度きりの人生。
だから命を粗末にしてはいけない。
Pの主張ももっともです。
ただPに関しては、記憶を取り戻さない原因がここにあるんじゃないかと疑う部分もあります。
辛すぎる過去故に、前世やそのまた前世の記憶から逃げているんじゃないか? そんな気がするのです。
転生のプロセス(と書くとラクシャーサみたいだw)が他の人と違う可能性や、社長や律子が何らかの手段で封じている可能性も充分にあるのですが。
前作でアカラナ回廊に飛ばされた時も、そこで見た昔の自分の記憶を取り戻していなかった・・・というパスカルの記憶からすると、もっと別次元で操作されている可能性もありますね。


メシアの所在調査を依頼するため小鳥さんと通信。
良かったぴよちゃんが無事だった!
でも依頼内容を考えると怖いですね。
メシアの情報に近付くということは、それだけ危険にも近付くワケで。

「なんてこった」でPが何を考えたのかと思ったら・・・女の子に囲まれた職場ってそこかよw
ナジャやパスカルのツッコミが的確すぎる。
そうだよなあ、フラグ立てまくりの言動に説得力はナイよなあw
「今のは、忘れてください」って、それは言わない方がいいぞ千早。
あずささんとのイベントですら、Pは本気で(?)忘れているのですからw

「真」に反応する小鳥さん。
微妙に記憶がある・・・?
元老院に記憶の有無を聞かれたという辺り、メシアの所在依頼以前にかなり危険な立ち位置にいるような。
目の前に現れたガブリエルによって、小鳥さんがザイン的な立場でニュートラルルートを進むだろうことが分かるのですが・・・この物語がどう決着するのか読めません。


ネコマタがあっさりいなくなり(ダーリン発言しているからもっと絡むのかと思っていました)、パスカル大勝利。

一行は真を探してファクトリーへ。
かつてのコロシアム・チャンプ達がこぞって洗脳済みの様子。
洗脳原因=歌と見て、次回はセイレーンイベントですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

LEM

Author:LEM
ゲームと音楽が好きです。
春香さんLOVE。
動力源は珈琲と紅茶。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。