スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回も間違いなく神回

アイマスクエストが凄かった。
感動なんて言葉じゃ足りないくらいに色んなものが詰まっている。
毎回神回と言われていますけれど、今回と次回はその中でも屈指の神回になること間違いなしです!
勢いで感想を書いてしまいます。


・ておくれP



以下ネタバレを含む感想につき格納。



エスターク戦がエンドールを舞台に繰り広げられる。
前回のラストでその事実を知った時点で既に鳥肌モノでしたが、いよいよその時がやってきました!
・・・この時点で視聴が3度目に突入しているのはさておき(笑)


エスタークを待ち受ける勇者一行。
「エンドールに魔物が」の報を受け、家族を心配するやよいと、やよいを気遣うかっかのやりとりだけで気分は盛り上がりまくりです。
エンドールに戻ったやよいと酢昆布のタッグには激燃え!
3章で泣きまくった管理人には、やよいと兄貴が揃っているだけで嬉しくてたまりません。
それにパノン&バコタのエージェントタッグやエンドールの人々、全員が団結して敵に立ち向かう姿のなんとカッコいいこと!

しかし相手は想像を超えていました。
デカイ! 強い!! 宿屋も一瞬で崩壊!
問答無用で進行方向にあるものを破壊し尽くす地獄の帝王、そのあまりに圧倒的な存在。
ひと呼吸で魔物を生み出し、一瞬にして人々を恐怖と混乱の渦に巻き込む。
勝てる気がしない・・・そう思った時です。

光を纏って閣下降臨!!
「1人でもエスタークに立ち向かう勇気はあるか」と問う閣下に、「やります」と答えるかっか。
そのかっかに閣下が全力で力を貸してくれました!
エスタークの闇をも打ち払う強烈な光に、振り返る兵士や市民達。
「勇者に決まってます!」自信を持って言い切るやよいの表情が最高です。
パノンの台詞が「闇は恐怖を与える」「光は希望をもたらす」と対になっているのも面白いです。
真が閣下(かっか)の姿にリバストを重ね、走り出す所もまたいい。
かっかの「私が勇者だぁぁぁー!」の台詞は、この展開の中ではいまひとつ決まり切らない・・・でもそこがかっからしくて、彼女の精一杯の気持ちが感じられていいんです。


それにしても、これだけ光の存在であることを見せつけながら、ルビスから敵視される閣下の存在とは何なのでしょう?
かっかに「勇者には世界が味方する」と勇者を説く姿に、何の裏も陰も感じないというのに・・・。


場面戻って、必死に戦うかっかがまさかの死亡。
しかもマホステがかかって蘇生呪文が効きません。
真とあずささんの2人が追いついても、エスタークは補助呪文を駆使し、絶望的な状況です。
っておいエスターク、春香さんを踏むなあああ!!!(怒)

絶体絶命で八方塞がりのこの場面、管理人も心の中で悲鳴を上げ、「うわああああ」とか「ぎゃあああ」というコメントしか打てませんでした。
そこでなんと冒頭でPが残していった置き土産、凍てつく波動が発動!!
これでかっかに呪文が届く!!!(歓喜)
(それにしてもP、エビの忠臣っぷりも合わせ、敵方であることを忘れさせます。)

そして・・・サントハイム組+りっちゃんが到着!!
ザオリクを見事に決め、ベホマラーで支援する雪歩の姿がたくましく見えます。
指揮を執る律子が、冷静な伊織が、再びキラーピアスを装備して戦う千早がみんな頼もしいです。
「皆で戦えばきっと倒せる!」、勇者の言葉に励まされ、一同は強大な敵に向かっていくのだった・・・ってここで次回に続くですかておくれP!!(悲鳴)
でも待ってます。
この死闘の結果がどうなるのか、ひたすら楽しみにして待っています。



・・・勢いで感想を書いたらえらく長文に(汗)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

LEM

Author:LEM
ゲームと音楽が好きです。
春香さんLOVE。
動力源は珈琲と紅茶。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。