スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・女神転生II 第七話 感想

リカジャPのマイリストを見たら第九話が来てた・・・!(汗)
アイマスクエストも逆転裁判春香もチヒャーロック・ホームズも来てるだなんて、火曜日なのになんて豪勢なんだろう。
さて遅れないように第七話&第八話の感想を書いておかないと。


・リカジャP



ネタバレを含む感想は格納します。

~第七話視聴時感想~


懐かしいBGMとPのシルエット、そして見覚えのある場面・・・思わず前作第32話を見直してきました。
うわあ繋がってる思いっきり繋がってますよ!

「俺が間違っていたんなら……俺にもきっと、裁きが下る。」
そう言った後にメシア教に暗殺(?)されてしまうPの選んだ道が間違っていたとは思いません。
けれど何が正しかったかという以前に、友人達を手にかけ悪魔達を殺し血に塗れすぎた自身を悔やまないことは無いのでしょう。
メシアに対してどこか否定的な態度をとるのは、失われた記憶の中の自分を省みてのことだと思いますし。

あずささんに向けた言葉はどう見てもプロポーズです(笑)
この台詞だけじゃなく、共に過ごした日々を今も覚えていて、生まれ変わってもPを追い続けているあずささんの心境を考えると辛いものがありますが・・・。
Pに詰め寄るパスカルはカワイイなあ(笑)フォントがでかいw

シーンは変わってセンター。
司教と青い人の会話を見ても嫌な予感しかしません。
同じ過ちを繰り返す気かと語る青い人には、どうやら元の歴史の記憶がありそうです。
そして呼ばれるいおりん・・・伊織とあずささんの運命を左右するあのイベントまであと僅か。

アルカディアがそのままアイマスで吹きました(笑)
しかし大破壊前の東京を「理想郷」として描き出せる人物とは、前作の記憶を持ったアイドルのうちの誰かなのでしょう。
あずささんとは半ばデート状態で、(Pの記憶が戻っていないことを無念に思いつつも)幸せそうなあずささんの姿が冒頭のシーンと重なります。
・・・その後に訪れる不幸もまた然り。


くっ、第八話感想にまで手が回らない!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

LEM

Author:LEM
ゲームと音楽が好きです。
春香さんLOVE。
動力源は珈琲と紅茶。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。