スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5minuteM@STER感想その3

恐らくこれで最後、5minuteM@STERの感想その3です。



・シェリングフォードP


あからさまな釣りサムネとタイトル。
管理人は通常そういった作品は完全スルーしますので、週マスにピックアップされていなければけして見ることは無かったでしょう。
その意味では非常に勿体ない作品です。

この作品の中身はなんと、愛ドットるマスター
ドットで表現されたアイドル達が舞台劇を演じています。

しかし見所は演劇本編より暗転中
よく目を凝らして見ていると、場面を切り替えるためにアイドル達が舞台背景やソファを移動させているのが分かります。
演劇そのものより面白いのは作者の意図するところなのでしょうかw
この路線で次回作を見てみたいですね。



・サド景麒P


5ア何こわ!!シリーズ(全6作、各話独立)の1つ。
廃棄寸前の扇風機と美希のやりとりが地味~に面白い作品ですw

古くて風向きも固定できない扇風機を前に美希が台詞の練習をするのですが、特定の単語を口にしようとすると、扇風機が狙ったようにガクンとそっぽを向きます。
このやりとりが繰り返されるだけなのに、まるでノリのいいコントか漫才を見ているようにジワジワ笑いが込み上げてきますw
最後まで見るとちょっと癒されたりもする、そんな良作でした。



・サド景麒P


こちらも同じく5ア何こわ!!の1作です。
この作品を何と表現すればいいのか分かりませんが、ロマン溢れる迷作だと思いました。
無論、変態紳士的な意味で

薄暗く人気の無い店の中で、怪しげな口調で話をしてくる、自称・伊織のP。
彼は「あくまで自分の見た夢の話」と前置きをして語り始めます。
薄くピンクフォーカスのかかった画面には、表情の見えない伊織。
そこで起きるちょっとしたハプニング。
いつもとどこか違う、けれど抗い難い魅力を放つ伊織の行動にPは翻弄され、そして・・・。

RDGさん(爽快P)が絶賛しているのが理解できましたw
スポンサーサイト

コメント

名前を見つけたのでw
サド景麒Pの伊織作品は,「5分間」という制限時間があることを最大限に有効活用してると思ったんですよねー
全ての作品を巡りましたけど,これが一番巧かったなあと思いました

シェリングフォードPは,連載中のチヒャーロック・ホームズもオススメですよ

うわ、これはw

伊織のPの口調からずっと怪しい気配は感じていたのですが、最後の急展開に「やられた!」と思いましたw
制限時間の有効活用という点では、確かにこの作品が一番なのかも知れません。

チヒャーロック・ホームズ、全くのノーチェックでした。
今少し見てきたら、あの舞台劇風な作風そのままなのですねw
これは・・・マイリストを頭から追わねば!(笑)
非公開コメント
プロフィール

LEM

Author:LEM
ゲームと音楽が好きです。
春香さんLOVE。
動力源は珈琲と紅茶。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。