スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年下半期ニコマス20選

卓球Pのブログ(ポータルレギュレーション)で開催されている、2009年下半期ニコマス20選
期間ギリギリですがなんとか選出が終わりましたので、早速ご紹介といきましょう。


基本レギュレーション
・対象は2009年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品


20選とサムネ一選は以下に格納。
No.は自分が分かりやすいようにつけただけで、意味はありません。

血の涙を流しながら20選外となった作品は、こちらのエントリにまとめました。

01:リカジャP


下半期うpされるのを最も楽しみにしていた作品。
巧みな文章とストーリー展開に、毎度毎度笑って泣いて驚かされました。
登場人物達への思い入れ(特に前作主役組の律子真春香さんの3人+あずささん)も深かったので、最終回を見終えた今も、Pとあずささんを始めとした765プロの面々の幸せを願わずにいられません。
この作品の感想を思う存分書けただけでも、ブログを始めた甲斐があったというものです。
ニコニコでもHPでもどこでも構いません、また是非リカジャPの作品を読ませてください。


02:ておくれP


エスターク戦の一致団結・勇者誕生という感動の流れを味わった直後に、事態を全てひっくり返すような衝撃。
最高に痺れました。
愚民属性を持つ私は、きっと心のどこかでこんな展開を待ちわびていたのですorz
「閣下列伝」はいよいよここから始まります。
ておくれPの身辺が落ち着き再び物語が紡がれるその日を、のんびり気長に、けれど楽しみに待っています。


03:ぎょP


2009年下半期のPVで1つ挙げろといわれたら迷わずこちらを選びます。
完璧なダンスチョイスとシンクロ、それに足さばきを強調したミドル中心のカメラワーク。
数えきれない位この作品を繰り返し見ていますが、全く飽きがきません。
今期のぎょP作品はどれもツボで、「I'll be there」や「I'm In Love With You」も大好きです!


04:RidgerP


王者はあらゆる面で格が違った。
見返す度に作り込みの細かさに気付かされ、驚かされます。
最早「ゲーム中のダンスを切り出して曲に合わせている」なんて根本を忘れてしまって、彼女達は自らの意思でこのMA66という舞台を演じているのだとしか見えなくなってきます。
12分に濃縮された魔法のような舞台劇、これを目にすることができた私は幸せです。


05:sabishiroP


間違いなく今期のベスト春香さん作品。
(編集中のエントリで感想を書いているのですが、なかなかまとまらずに公開できていません。)
頭上にお姫様ティアラを戴きながらも翳りのある表情の春香さんと黄昏時の空の色が美しいです。
彼女の心情を表すかのような砂の世界で舞う場面が印象的で、地面に落ちた影が踊る姿に心を奪われました。
フィルタがかった色調や特徴的な固定カメラの使い方は前作でも見受けられるのに、こうも「化けた」のはsabishiroPの春香さんへの想いの深さ故でしょうか。


06:カブキンP、ぐり~んP


閣下の御前に跪く喜び。
画面から溢れんばかりの圧倒的なカリスマと品格を前に、我ら愚民はただただ頭を垂れるのみですorz
ここまで割り切った閣下作品はやっぱりカッコいいです。
我ら見る専もまだまだ戦えます。春閣下、どうぞご命令を!


07:deadblue238P、介党鱈P、947daP


久々に1話を開いてみたのですが、気付いたら最終話までノンストップで見続けてました(笑)
1話1話は6分程度と短くて、しかもテンポがいいとくれば、見始めたらやめられない・止まらないですよね。
視聴直後の感想を過去のエントリでも書いたのですが、今改めて通して見てみると、私は千早にすらなれないなあと思ってしまいます。
けれどいつかはやよいと美希が笑顔で遊びにこれるような、そんな地球でありたいものです。


08:七夕P、RAP、 セバスチャンP


ニコマスのひとつの到達点。
アイマスに匹敵するほど美しい自作の3Dモデルがここまで違和感なく動いて22分の動画1本分作れたという事実に感動するのですが、それがこの作品の構成要素のひとつでしかないのが恐ろしいところ。
ストーリーは王道で奇をてらわず、1本筋が通っていて、結末に向けて一気に収束していく流れが美しいです。
22分とは思えないほど凝縮された濃密な物語と、輝くほどに美しいあずささんの姿を堪能しました。


09:ハリアーP


勢いのある文章と絵とうp速度で新作が上がるのが毎度楽しみなハリアーP作品。
今期最も繰り返し見た動画は間違いなくコレです。
ハリアーP作品は選曲が好みなのですが、こちらの作品もBGMがアケ版グラIIIか! という点でまず惹かれ、曲に合わせてDSの3人組がビックバイパーごっこ(?)をしている姿を見てツボにはまりまくりましたw
次第に息切れしてくる涼ちん、オプション2個を手に持った絵理、役目は何もナイけれど一番楽しそうな愛ちゃん(笑)みんな最高だw


10:えにこP


ねんぷちを踊らせてPVを作るってどんだけ労力かけてるんだ(褒め言葉)と作業を想像して気が遠くなるのですが、トリオになるわアピール入るわ、極めつけにカメラワークまでやってのけるとは恐ろしいとしか言いようがありません。
動くねんぷちが可愛くて見てるだけで頬が緩むのですが、春香さんがののワる・どんがらする・雪歩が困って逃走するなどと、小ネタも満載で見ていて楽しいですw


11:シュコウ氏


ktzw3・・・ありがとう、お疲れ様!(涙)
カビラとktzw3の実況解説がおかしすぎて腹が痛いですw
美希との会話も妙にかみ合っていて、このシリーズで最もレベルの高い回だったのではないでしょうか。
一番笑ったのは、Pじゃない(ハズ)なのに死にかけるktzw3と、冷静に解説するカビラのシーンでしたw


12:テトリスP


テトリスPが1年を費やした超絶テトリスアート。最早芸術。
カメラが一気に遠ざかり、Next Lifeの間奏部分に合わせて四方から別のフィールドが続々と見えてきた瞬間の衝撃といったら!
そもそもテトリスであんなに細かい絵を表現しようという発想が尋常じゃありませんw
貴音とDS組の誕生日も楽しみにお待ちしております。


13:ドリ音P


人力と言われなければ気付かない人もいるであろう、ハイレベルな人力ボカロ。
どう聴いてもやよいと亜美だし、こぶちまできいてるし、人力もここまで極まったかという感覚があります。
1曲歌わせるのにどれだけ時間がかかるのか分かりませんが、ロボキッスの他にもニコマスの名作をアレもコレも片っ端から歌わせてみたいという欲求に駆られますw


14:2番P


メカ千早に「ココロ」、これはハマる!
メカっぽい無骨で辿々しい歌声が、ココロを得て人のそれに変わっていく。
歌がメインの作品ではありますが、物語性の高い展開に心を揺さぶられました。
1:35からの人間らしい美しい歌声は、何度聴いても鳥肌が立ちます。


15:英峰氏


書道にこれだけの表現力があるとは思ってもみませんでした。
文字のひとつ・空間のひとつに、歌の世界が鮮やかに表現されています。
特にこの「隣に...」は終盤の演出が見事で、半紙に滴り落ちる涙や、裏返された「嘘つき」の文字から、歌い手(もしくは書き手)の感情がこれでもかと伝わってきました。


16:whoP


美希の笑顔が眩しい。
麦わら帽子の美希も事務所に訪れた美希も、Pに向けた微笑みが眩しいくらいに美しいです。
私の知っている美希は勿論カワイイのですが、whoPの見せてくれる美希はずっと輝きを増しているように感じます。
選曲や見せ方がうまいというのはありますけれど、やっぱり愛だよなあ。
今期はツンデレーションの伊織もすごく輝いていたので、どちらを選ぼうかかなり悩みましたw


17:えびP


世界の果てで横たわる、変わり果てた彼女の姿。
あり得ない筈の血と骨の映像は、彼女が世界を飛び越えて生きて死んだ証? それとも世界の壁に阻まれて閉じてしまった過去の躯?
ただひとつ言えることは、律子だけじゃない、アイドル達に魔法をかけられる可能性を持つのは我々だけなのです。
彼女達を愛し、老いて死ぬまで手を取り合って生きていく覚悟のある者だけが、「まほうのひと」となり得るのです。


18:あるつPもしくは怒首領蜂P


とにかく楽しい!
スカのリズムと畳み掛けるような展開の早さに、見ているこちらもヒートアップしてきますw
砂浜で踊っているのかと思ったら絵だった&ののワる春香さんのとぼけ顔がおかしい(笑)
春香さんは最後のシーン(サムネのところ)でもこけていてカワイイなあw
ダンスだけ見ていても楽しいのに、SPのタイトルに合わせた演出や、オールスターを活かした構成がぴったりハマっています。


19:まこTP


アイマスと共に歩んだ人生がここにある。
ねんぷち雪歩の表情が実にカワイイです。
オドオドと顔を出すところとか、「真ちゃんを取られた!」と言わんばかりにみきまこを見つめるシーン、あと貴音を憧れの眼差しで見つめてるのもいいですよね。
でも一番の魅力は、アイマスとまこTPの歩んだ軌跡をストーリー仕立てで見せていること。
雪歩が駄目駄目な姿から光り輝くステージへ踏み出していったこと、プロデューサーカードに刻まれていくプロデュースの記憶、アケマス→箱マス→SPとアイマスの歴史を綴るように雪歩の前に現れるねんぷちアイドル達。
これからも素敵な思い出が増えていきますように。


20:横澤PP


紙に印刷された様々なポーズの真が、これまた印刷されたステージや町中を背景に動いたり踊ったり。
ペーパーアニメーションの作品としてだけ見ても面白いです。
作者のマイリスト米を引用すると「アイマスMADを作る」がコンセプトのようで、とかちメーターが紙で表現されているのには笑ってしまいましたw(それ以上に頼朝に吹き出したのですがw)
けれどそれも狐面の真も全て「動画制作上の世界のダミーたち」と表現してしまう感覚がスゴイ。
Trans-Europe Expressのオリジナル音源を使わず8-Bit operators版を使ったのは、ダミー感をより高めるためなのかなあ。


サムネ一選:全員4番P


あまりにいい笑顔すぎて、目に入ったらクリックせざるをえないw
MMDはモデルもモーションもびっくりするほど進化してますよねぇ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

LEM

Author:LEM
ゲームと音楽が好きです。
春香さんLOVE。
動力源は珈琲と紅茶。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。